忍者ブログ
遊戯王とかポケモンとかイラストとかGIFアニメ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
《未来への思い》と《天融星カイキ》がとてもシナジーなのでつよい
それを利用してエクシーズと融合をしていくデッキ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
《未来への思い》
通常魔法
自分の墓地のレベルが異なるモンスター3体を選択して発動できる。
選択したモンスター3体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力は0になり、効果は無効化される。
その後、自分がエクシーズ召喚を行っていない場合、このターンのエンドフェイズ時に自分は4000ライフポイントを失う。
また、このカードを発動するターン、自分はエクシーズ召喚以外の特殊召喚ができない。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
《天融星カイキ》
効果モンスター
星5/光属性/戦士族/攻1000/守2100
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、500LPを払って発動できる。自分の手札・フィールドから、戦士族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(2):元々の攻撃力と異なる攻撃力を持つレベル5以上の戦士族モンスターが自分フィールドに存在している相手ターンに発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------


攻撃力が0に変化したモンスターを大量に確保できる《未来への思い》と、
攻撃力が変化したモンスターを要求する《天融星カイキ》のコンボを利用する。
《未来への思い》を使用したターンは、制約によってエクシーズ召喚しかできないが、
《天融星カイキ》は相手ターンに効果を使うカードなので、制約を無視できる。

《覇勝星イダテン》はレベル5固定ではなくレベル5以上なら融合素材にできるため、
《未来への思い》のためにレベルをばらけさせた構築でも問題なく融合できる。

デッキ融合で融合素材を墓地に送ることで《未来への思い》のための墓地肥やしができる。
・戦士族モンスターを融合召喚できる
《未来融合-フューチャー・フュージョン》
《ネオス・フュージョン》
《フュージョン・デステニー》
・《天融星カイキ》を墓地に送ることができる
《未来融合-フューチャー・フュージョン》
《ネオス・フュージョン》:《E・HERO ネオス・ナイト》
《ブリリアント・フュージョン》:《ジェムナイト・セラフィ》
《真紅眼融合》:《真紅眼の黒刃竜》
《影依融合》:《エルシャドール・ネフィリム》
発動ターンに他の召喚を制限するデメリットは、相手ターンに効果を使える《天融星カイキ》で無視できる。


《未来への思い》でのライフロスを防ぐためにはエクシーズ召喚が必要。
しかし、EXモンスターゾーンが埋まってしまうと、《天融星カイキ》での融合召喚ができない。
エクシーズモンスターはレベルを持たないので、《覇勝星イダテン》の融合素材にならない。
この邪魔なエクシーズモンスターをEXゾーンから取り除く必要がある。


高レベルモンスターばかりを素材に使用することや、
制約の強い魔法カードを多用する都合上、
リンクモンスターでリンク先を確保することはほとんど期待できない。
エクシーズと融合を両方使うデッキなのに1体ずつしか使えないのは苦しい面である。

・エクシーズモンスターを融合素材にする
・自壊デメリットや自身リリースのカードを積極的に使う
・並べるのは諦めて1体ずつで戦い、それを魔法罠で手厚くサポートしていく
・超強いエクシーズを出して、相手に処理を強要する
・一時除外や蘇生などを駆使してリンクモンスターに頼らずに複数体並べる

などの手段が必要になる。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆《未来への思い》で蘇生して効果を使用できる星5以上の戦士族モンスターのリスト
(墓地へ送られた時に発動する効果など)
そのターン中に効果を使えそうなカードは太字。

・星5
《E・HERO ネクロダークマン》
《サイバー・チュチュボン》
《スクラップ・ソルジャー》
《剛鬼ツープラトン》
《剛鬼ライジングスコーピオ》
《聖騎士エクター・ド・マリス》
《超量士レッドレイヤー》
《伝説のフィッシャーマン二世》
《魔装戦士 ヴァンドラ》
《六武衆の師範》
・星6
《剛鬼ハッグベア》
《黒炎の騎士-ブラック・フレア・ナイト-》:融合
《D-HERO ダッシュガイ》
《ラヴァル・ランスロッド》
《ジャンク・ガードナー》:シンクロ
《ファントム・バウンサー》
・星7
《疾走の暗黒騎士ガイア》
《覚醒の暗黒騎士ガイア》
・星8
《護封剣の剣士》
《ギガンテック・ファイター》:シンクロ
《超戦士カオス・ソルジャー》:儀式
・星10
《スターダスト・ウォリアー》:シンクロ

U.A.はバウンスして再展開することで全員ステータスや効果を復活できる。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆自力でEXゾーンから離れるエクシーズモンスターのリスト
単に自身に除去効果を撃って無駄死にになるものは除外

素材に制限あり
・ランク2
《餅カエル》
・ランク4
《No.36 先史遺産-超機関フォーク=ヒューク》
《フォトン・アレキサンドラ・クィーン》:融合素材も全滅、戦士族
《覇王眷竜ダーク・リベリオン》:EXゾーン結局埋まる

素材に制限なし
・ランク3
《幻影騎士団ブレイクソード》:戦士族
・ランク4
《恐牙狼 ダイヤウルフ》
・ランク6
《No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ》:戦士族
《甲虫装機 エクサビートル》
・ランク7
《幻獣機ドラゴサック》:トークン出せない
・ランク8
《聖刻神龍-エネアード》
・ランク9
《無限起動アースシェイカー》
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------


◆カイキで出せる戦士族の融合モンスターのリスト
攻撃力変更できるものは太字。
エクシーズモンスターを融合素材にできるものは下線。

・カイキを素材にできる融合モンスター
《E・HERO The シャイニング》
《E・HERO ネオス・ナイト》
《覇勝星イダテン》
《覇道星シュラ》:無効モンスターが戦闘に参加できる

・カイキを素材にできないHERO関連の融合モンスター
多いので上記以外のHERO、ネオス、D-ENDのうち有用なものだけ
《E・HERO アブソルートZero》
《E・HERO Great TORNADO》
《E・HERO エスクリダオ》
《E・HERO ノヴァマスター》
《E・HERO ガイア》
《レインボー・ネオス》
《Dragoon D-END》
《D-HERO ドミネイトガイ》
《D-HERO ディストピアガイ》:自力では変動しないが、攻撃力変動に関する効果
《D-HERO デッドリーガイ》
《D-HERO ダスクユートピアガイ》
《V・HERO アドレイション》
《E・HERO グランドマン》
《V・HERO トリニティー》
《E・HERO Core》
《E・HERO ブレイヴ・ネオス》

・カイキを素材にできないHERO以外の融合モンスター
《異星の最終戦士》
《召喚獣ライディーン》:無効モンスターを有効化できる
《竜破壊の剣士-バスター・ブレイダー》
《アマゾネス女帝》
《アルカナ ナイトジョーカー》
《サイバー・ブレイダー》
《黒炎の騎士-ブラック・フレア・ナイト-》
《ドラゴン・ウォリアー》
《ゴヨウ・エンペラー》
《闇魔界の竜騎士 ダークソード》

・バニラ融合体
《カルボナーラ戦士》
《魔導騎士ギルティア》
《炎の剣士》
《魔装騎士ドラゴネス》
《戦場の死装束》
《裁きを下す女帝》

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆その他相性の良さそうなカード
・リンクモンスター
《星神器デミウルギア》:上級モンスターをリンク素材に要求する
《混沌の戦士 カオス・ソルジャー》:上級モンスターをリンク素材に要求する

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆構築例
【イダテン真紅眼ネオス】
コンセプト:とにかくデッキ融合のインチキがしたいのでキメラにしました

◆メインデッキ45枚

・下級モンスター10枚
《エフェクト・ヴェーラー》×1
《増殖するG》×2
《灰流うらら》×2
《刻剣の魔術師》×1
《ネオスペース・コネクター》×1
《竜魔導の守護者》×3

・上級モンスター10枚
《E・HERO ネクロダークマン》×1
《天昇星テンマ》×3
《地翔星ハヤテ》×3
《天融星カイキ》×2
《真紅眼の凶雷皇-エビル・デーモン》×1

・最上級モンスター7枚
《ダイナレスラー・パンクラトプス》×1
《E・HERO ネオス》×3
《真紅眼の黒竜》×3

・魔法カード16枚
《未来への思い》×3
《レッドアイズ・インサイト》×3
《ネオス・フュージョン》×3
《真紅眼融合》×3
《サンダー・ボルト》×1
《ハーピィの羽箒》×1
《ツインツイスター》×1
《墓穴の指名者》×1

・罠カード2枚
《レッドアイズ・スピリッツ》×1
《真紅眼の鎧旋》×1

◆EXデッキ 15枚
・リンクモンスター:リンク3:1枚
《混沌の戦士 カオス・ソルジャー》

・Xモンスター:ランク5:3枚
《No.61 ヴォルカザウルス》×2
《始祖の守護者ティラス》×1

・Xモンスター:ランク7:3枚
《No.11 ビッグ・アイ》
《撃滅龍 ダーク・アームド》
《真紅眼の鋼炎竜》

・融合モンスター:8枚
《真紅眼の黒刃竜》×2
《E・HERO ネオス・ナイト》
《E・HERO ブレイヴ・ネオス》
《覇勝星イダテン》×3
《覇道星シュラ》

◆戦術
・初手はデッキ融合での墓地肥やしを狙う。
カイキ、ネクロダークマンを落とす。
それ以降はレベルがばらけるように落とす。
あとは相手のデッキや状況によっていらなくなった手札誘発を捨てる。
インサイトではデーモンを落とす。

・《竜魔導の守護者》の蘇生対象は以下の3枚。
《E・HERO ネオス》、《真紅眼の黒竜》、《覇勝星イダテン》
・テンマ・ハヤテはあまり素材にせず、アタッカーとして使う。
エクシーズじゃないと突破できない、攻撃力が下がった、という時にエクシーズする。

・《刻剣の魔術師》はEXゾーンを空けたり、無効化モンスターを復活させたりする。
テンマ・ハヤテの攻撃力ダウンもリセットできる。相手モンスターの除去もできる。
自分フィールドを空けることでテンマ・ハヤテ・パンクラトプスが出せる。

・手札誘発は墓地肥やしにもなるので、墓地が足りなければ投げる。
・《未来への思い》で星5以上の戦士族を含むモンスター3体を出す。
これでカイキ復活の条件が揃うので、制約が解けた相手ターンで特殊召喚できる。
EXゾーンが埋まっていて融合できない場合でも復活だけすることは可能。
出した瞬間しか融合できないので、この場合エクシーズかリンク召喚する。

・闇属性モンスターがメインデッキに9体、EXデッキに5体いるので、
《撃滅龍 ダーク・アームド》は一応特殊エクシーズ条件を満たす可能性がある。
この場合《未来への思い》だけでエクシーズ出来る。

◆入れ替え候補
・《刻剣の魔術師》:他のリセット用カードでもいい
→《異次元の探求者》、《星遺物を巡る戦い》、《月読命》、《皆既日蝕の書》等
・手札誘発や汎用エクシーズ、汎用魔法・罠カードは時代や環境に合わせる。
・《未来への思い》も《天融星カイキ》もライフロスやライフコストを要求するため、
《神の宣告》などのライフコストの重いカードは使用しないほうがいい。
・入れたいけどスペースに入らなかったカード達
→聖剣等の装備魔法と《聖騎士の追想 イゾルデ》。
→墓地から効果を発動できる戦士族テーマの幻影騎士団。
《幻影騎士団ブレイクソード》は自壊することでEXゾーンを空けてくれる。
→《クロス・ポーター》とネオスペーシアン。
→D-HEROやE・HERO等のHERO。
→《ADチェンジャー》、《ネクロ・ガードナー》、《シールド・ウォリアー》等の戦闘補助。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
PR
《SRベイゴマックス》と《ドリル・シンクロン》で《ドリル・ウォリアー》をシンクロ召喚。
サーチした《SR三つ目のダイス》を捨てて《ドリル・ウォリアー》を除外。
帰還した《ドリル・ウォリアー》で《SRベイゴマックス》や《SRメンコート》を回収。
この流れを主軸としたデッキ。


《工作列車シグナル・レッド》や《速攻のかかし》、SR等を使って防御。
貫通・バーン・直接攻撃で相手ライフを削って勝利を狙う。
《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》の効果で、《ドリル・ウォリアー》を除去や《エフェクト・ヴェーラー》から守ったり、超攻撃力でトドメを狙ったりできる。

《HSR魔剣ダーマ》も貫通効果・バーン効果を持っているため、相手のライフを削りやすい。

《彼岸の旅人 ダンテ》は戦士族なので、《ドリル・シンクロン》の貫通効果の恩恵を受けることができる。
墓地肥やし効果はSRや《ドリル・ウォリアー》の蘇生・回収効果のサポートになる。

《SRメンコート》、《SRベイゴマックス》、《HSR魔剣ダーマ》の3体は、自分の場にモンスターがいない時に使用できる効果を持つ。
《ドリル・ウォリアー》は自身を一時的に除外できるので、その間にこれらの効果を使用できる。
《SRメンコート》で守備表示になったモンスターは《HSR魔剣ダーマ》や《ドリル・シンクロン》の貫通効果を利用して殴っていこう。




特殊召喚を永続系で封じられるとドリル・ウォリアーが帰れないので、ツインツイスター等で破壊していこう。
除去に関しては相手ターンはフィールドから消えているので、自分のターンだけ守ればいい。
手札から使える速攻魔法で守るといいかもしれない。
我が身を盾に、禁じられた聖槍、禁じられた聖衣など。





暗黒界について
暗黒界は試してみたけどグラファは事故要員。
一応グラファ捨てて除去&自己再生は出来たけど、別にいらなかった。
わざわざ捨てる専用のカードは入れなくていい。
シンクロ素材になって防御札も引き寄せられるブラウはアリ。



童話ネタシリーズ


ウサギとカメ

◆カメのモンスター
・《タートル・バード》
・《岩石カメッター》
・《炎を食らう大亀》
・《3万年の白亀》
・《タートル・タイガー》
・《島亀》
・《モンスタートル》
・《タートル・狸》
バニラ。守備重視で攻撃力が低いためリクルートしやすいものが多い。

・《カタパルト・タートル》
モンスター射出バーン。兎に追い抜かれた時は、これでカメを発射して追い抜こう。

・《UFOタートル》
・《ピラミッド・タートル》
リクルーター。しかし自身以外の亀はリクルートできない。

・《EMプラスタートル》
便利なレベル調節効果を持ち、幅広いエクシーズ素材に使用できる。

・《ジェムタートル》
ジェム融合のサーチ。

・《超電磁タートル》
バトルフェイズを強制終了する墓地効果。

・《後に亀と呼ばれる神》
・《かつて神と呼ばれた亀》
特殊召喚を封じる。

・《幻影のゴラ亀》
対象を取る魔法罠を無効にする。

・《ゴラ・タートル》
攻撃を封じる。

・《首領亀》
召喚・反転召喚時、手札の首領亀も好きな数出せる。
総攻撃で3300ダメージなので意外と侮れない。

・《宝玉獣 エメラルド・タートル》
攻撃を行った自分のモンスター1体を守備表示にする。
ウカツに効果を使うと、《ブレードラビット》の効果が発動してしまうので注意。

・《ウイングトータス》
自力特殊召喚。ゼンマイラビットが魚族・海竜族・水族なら毎ターン出し放題。
翼を持つため兎とレースしても問題なさそう。

・《瓶亀》
ドローソース。

・《クラブ・タートル》
儀式モンスター。主人公のエースライン2500を超える攻撃力2550。




クラブ・タートルにアクア・ジェットを使い、ラビードラゴンとの攻撃力レースに勝利することが目的のデッキ。

《つまづき》のような卑怯な手を使用するのもいいかもしれない。
守備力の高いカメモンスターとは相性がいいのだが、《ブレードラビット》には足を引っ掛けるロープを切り裂かれ、効果発動されてしまうことに注意。
高い守備力を持っていても、《BK ラビット・パンチャー》には数字を無視され破壊される。
《因幡之白兎》なら完封することができる。
相手のウサギがつまづいたのを確認した後は、しっかり《催眠術》で眠らせ、起き上がらないようにしよう。
ゴールがもう少しなのにカメがつまづいてしまった。そんな時は、《ガムシャラ》に力を振り絞ってゴールに辿りついてくれ。


童話ネタシリーズ

完全にネタであり実用性は一切ないので注意
ただし属するカードが強いので割と戦える模様



ウサギとカメ

◆ウサギのモンスター
・《ダーク・ラビット》
・《ウィルミー》
・《バニーラ》
バニラなので、レスキューラビットで呼べる。

・《ラビードラゴン》
高い攻撃力を持つ。

・《レスキューラビット》
ウサギやカメのバニラを2体呼び出し、亀の誓いの生贄を揃えられる。

・《デス・ウサギ》
リバース効果で、自分の場のバニラの数×1000ダメージを与える。

・《因幡之白兎》
ダイレクトアタックでダメージを稼げる。

・《ゼンマイラビット》
自由に除外ゾーンに避難できる。不死身。

・《ブレードラビット》
守備表示になるとモンスター破壊。

・《BK ラビット・パンチャー》
守備表示モンスターに攻撃すると、戦闘せずに破壊できる。

・《ファーニマル・ラビット》
融合素材にするとファーニマルやエッジインプシザーを回収できる。

・《幽鬼うさぎ》
手札誘発でモンスターや魔法罠を破壊する。
低コストで万能すぎませんかね?



クロスオーバー・ソウルズで召喚制限のない融合モンスターが増えた。
おそらくデビル・フランケン用だと思われるが、幻想召喚師も強化された。


・《幻奏の音姫マイスタリン・シューベルト》
墓地利用を妨害できる。
ダメージステップに使えるので効果を通しやすい。
バトルフェイズ中に召喚してもすぐに効果を使える。
1度しか効果を使えないが、自壊を防ぐために月の書などで裏側にすれば、効果もまた使えるようになり一石二鳥。

・《幻奏の華歌聖ブルーム・ディーヴァ》
破壊耐性があるので自壊しない。
バトルフェイズ中に召喚しても効果をすぐに使える。
幻想召喚師デッキなら必須カードだろう。

・《デストーイ・チェーン・シープ》
戦闘時の効果封印。俗に言うアルマデス効果。
バトルフェイズ中に召喚しても効果をすぐに使える。

・《キメラテック・ランページ・ドラゴン》
メインフェイズ1に効果を使わなければならない。
墓地を肥やしながら6300の戦闘ダメージを狙える。
幻想機皇デッキなら、機械族を自然に採用できるだろうか。





《トルネード・バード》
効果モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻1100/守1000
リバース:フィールド上に存在する魔法・罠カード2枚を選択して持ち主の手札に戻す。


1枚で2枚に触れるカードは強いので、このカードも強い。
セルフ・バウンスデッキに入れて、《デモンズ・チェーン》や《安全地帯》を再利用しよう。

風属性・鳥獣族・レベル4なので《霞の谷のファルコン》とサポートが共有できる。
リバース効果を使い終わったこのカードを《スワローズ・ネスト》でファルコンに入れ替えたりできる。

《カオス・インフィニティ》を使えば効果を即座に使用可能。
《機皇兵スキエル・アイン》を出せば《電光千鳥》をエクシーズ召喚できる。
《機皇兵ワイゼル・アイン》を出せば《ダーク・シムルグ》のコストを確保でき、バウンスした相手の魔法・罠のセットを封じられる。


強制効果なのを利用して、相手に送りつけて《闇の護封剣》と《光の護封剣》の2枚を戻させる無限ループができる。
他にも強制のリバース効果モンスターを送りつけておけば、その効果を連打できる。
また、魔法カードを無限に発動できるので、魔力カウンターなども使い放題になる。






忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
装甲兵
年齢:
27
HP:
性別:
男性
誕生日:
1992/04/25
職業:
妖精
趣味:
遊戯王・ポケモン
自己紹介:
マイナーポケモンネタデッキが好き
弱いからではなく、強いから好き

ブログ内検索